マイカーをカスタムしよう!

マイカーのカスタム方法を紹介!

外観をスポーツカーのように改造する方法

外観をスポーツカーのように改造する方法 セダンやミニバンなどを購入している方の中には、スポーツカーのように格好良く外観を改造することを希望する方も少なくはありません。
現在ではネット通販を利用することであらゆる汎用パーツを購入することができ、その中でも推奨できるパーツも多数あります。
スポーツカーのようなドレスアップを施すには、基本となるパーツがあり、まずはエアロパーツ系としてフロントリップスポイラーやリアスポイラーなどは定番品になります。
他にもダミーダクトをボンネットやフェンダー、リアに取り付ける方法やサイドスポイラーの他、サイド・フロントモールなども同時に取り付けることで見た目をスポーツカー風に仕上げることは意外と簡単です。
汎用パーツの中にはマフラーカッターを大口径にする方法、フェンダーモールをタイヤハウスに沿って貼り付ける方法もあり効果的にドレスアップは行えます。
注意点は確実に固定をしなければならないことや、純正ボディーよりもはみ出すパーツは認可されている幅を保たなければならないこと、突起物を付けないことに気を付けると違法ではない正しい改造を行えます。

スポーツカーの規定寸法は走りを重視したもの

スポーツカーの規定寸法は走りを重視したもの 多くの用途に沿った車種が販売されているなか、スポーツカーは特に魅力的な車種として人気があります。
そのスポーツカーの規定寸法は、ナンバーによっても異なりますが、基本的には他の車種と大きく異なるところはありません。
一方で、その性能規定は路面を走るうえでの走行性を重視したものになっており、高馬力のエンジン、ターボチャージャー、空力的に優れた低い車高などが挙げられます。
特に昨今環境配慮の点からエンジンの規定が変わり、燃料消費量が一定以上のエンジンは採用できないルールが設けられました。
そのためスポーツカーを開発している各社は、最新の技術を用いたダウンサイジングエンジンの開発や、ハイブリッドエンジンを搭載したスポーツカー、また将来では電気式のものも出回るようになるとされています。
いずれのエンジンを積んでいたとしても、外観は走りを重視した洗練されたデザインであることに変わりはなく、多くのユーザーの所有欲を満たしています。