マイカーをカスタムしよう!

マイカーのカスタム方法を紹介!

このサイトでは、法律に適合する範囲でマイカーのエンジンをチューニングしたり、外観をスポーツカーに仕立てるなどのカスタムを紹介していきます。
仕立て方によって外観がガラッと変わることがメリットですし、性能がアップして運転が楽しくなることもメリットの1つです。
また、一部のカスタムは車の年式によって法律が異なりますし、合法でもおすすめできないこともあるため、カスタマイズ初心者にも分かりやすいように説明していきます。

法律に違反することなく自分のマイカーをスポーツカーに正当に仕立てる方法について紹介

法律に違反することなく自分のマイカーをスポーツカーに正当に仕立てる方法について紹介 スポーツカーと言えば2ドアクーペスタイルやオープンカーが一般的ですが、ハッチバックやセダンも一部の車種もそれらに含まれます。
マイカーをスポーツカーにするには、安定性を高めるために車高を低くしたり、エアロやスポイラーで空気抵抗を利用し、高速走行時に空気でボディを地面に押し付けるようにすることが基本です。
ただし、平成18年式以降はフォグランプが地面から25センチ以上でないと車検に通りません。
中でもトランクスポイラーは後輪のグリップを上昇させるため、手軽にできるカスタムとして人気があります。
エンジンチューニングは、エアクリーナーの変更やエンジンオイルの変更だけで出力を高効率化することが可能です。
ターボ車はコンピューターチューニングで、馬力やトルクを簡単に上昇できます。

スポーツカー改造による楽しさと注意点について

スポーツカー改造による楽しさと注意点について 車が好きな人にとって憧れであるスポーツカー、一度は自分の好みの形に改造し思いっきり爆走してみたいと思う方は沢山いることと思います。
しかし、法治国家である日本では法令を遵守し定められた方法でしか公道を走れません。
改造についても、道路運送車両法という法律で事細かく定められているもので、基本的に改造はできないと考えたほうが良いと思います。
自動車は、本来新車販売されたままの状態でないと車検は通らないこととなっています。
車高や全幅や全長が変わればもちろん違法ですし、タイヤがフェンダーからはみ出したりスポイラーなどの突起物やエアダムスカートを取り付けたりするのも違反です。
スポーツカーは、見た目をドレスアップする方法と機能面での性能アップを狙うことに分かれますが、どこまでが違法に当たるのかは運輸当局や警察当局の見解によりますので整備店などとよく相談することが必要です。
世界に一つだけの自分好みにした車は、格別で高い満足感が得られるので次はどの部分を変えようかなど楽しみが際限なく広がります。
最近は暴走族もだいぶ少なくなってきましたが、以前の暴走行為をした暴走族が社会に与えた衝撃は許されるものではありませんので、交通法規をしっかり守って楽しくスポーツカーを乗りたいものです。

スポーツカーは実は初心者にこそ最適な車です

スポーツカーは、運転に慣れている人のための車というイメージがありますが実は初心者にこそ最適な車です。
スピードが出やすい分、安全性に留意して作られていますしカーブやコーナリングなどでの安定性は近年人気のミニバンとは比較にならないほどです。
スポーツカーというと、運転しにくいというイメージがありますがオートマなら普通の免許で運転できますし、車高が低くて見づらい印象がありますが強風の時などにもあおられにくいしハンドリングも安定しています。
スポーツカーは後部座席があるものとないものがありますが、家族が少なかったり1人しか乗らないなら2人乗りでも十分です。
外車のイメージがあるスポーツカーですが、日本でも世界的に有名な車はたくさんあります。
中古なら買いやすい価格で出ていますので、初心者の方で車を買うことを検討している方は選んでみてはいかがでしょうか。
初めて運転する野に最適な、安全性を兼ね備えているのが魅力です。

手軽にスポーツカーを楽しむなら軽自動車で

スポーツカーは車の所有者の所有欲や満足感を満たしてくれるもので、移動ツールとしての乗用車の枠を超えた趣味性の高い車種として位置づけられています。
一方でスポーツカーは高価なものが多く、また大排気量が基本となっているため、値段やランニングコストがネックになってくることもあります。
そのなかで各メーカーから販売されている軽自動車のスポーツカーは、手軽に楽しむことができるということで非常に人気となっています。
軽自動車であるため排気量は小さく、税金も軽自動車のものが適用されるためスポーツカーでありながら維持費が安いというのが最大のメリットでしょう。
また、小型エンジンと車体自体の軽さも相まって燃費が良好という点も、お財布に優しいと評価されています。
実用性や維持費は使いやすさを追求していながらにして、スポーツタイプならではのデザインや内装は妥協せずに凝られていることも、所有欲と満足感を満たしてくれる要因でしょう。

高回転型スポーツカーと運転マナーについて

バイクは車に比べて回転数が高いことが特徴であり、エンジンからマフラーエンドまでの距離が短いために排気音が大きいと言う特性を持っております。
近年は消音化と排気ガスの削減のためにバイクも車並みのマフラーサイズになり、内部には多くの触媒を挿入してあるのです。
現在は世界的に二酸化炭素などの排ガス規制が強化されており、バイクも例外なく厳しくなっております。
スポーツカーは車の中でも高回転型であり、バイクほどではないにしても回転数が高いことが特徴です。
そのためにアクセルを踏み込むと大きな音が発生して、パワーも強く加速はとても速いということになります。
スポーツカーはエンジンを空ぶかししたり、アクセルを踏み過ぎると周囲の車の交通を妨げてしまうことになるのです。
だからマナーとして一般社以上のモラルを持って乗車し、他人の迷惑にならないようにしなくてはなりません。
バイクもスポーツカーも趣味性の高い乗り物なので、だからこそマナーが大切なのです。

スポーツカーは他の車種と比べると維持費が高いです

日本では様々な車が使われていて、近年ではハイブリッドカーやファミリーユースを目的にした車が人気を集めています。
このような中で、スポーツカーは外観や走りが魅力の一つと言え、現在でも根強い人気を誇ります。
しかし他の車種と比べると、スポーツカーの維持費はかなり高いとされています。
それには理由がありますが、普通車と比べた場合には、メンテナンスやガソリン代などが高い傾向にあるからです。
スピードを出して高度な技術で運転するケースが多く、事故を起こしやすく故障の原因にもつながります。
廃車になるケースも多いですが、とはいえ高額査定も期待できると言えるでしょう。
どのような所にしても、車を所有すればお金がかかりますが、その一つが自動車税です。
車を所有していれば絶対に払わなければならないものであり、自賠責保険も加入が義務付けられています。
それ以外にも様々な費用が必要ですが、他と比べると維持費が高いのはメンテナンスの回数が増えることや一般的な車に比べたら回転数が上がりやすい傾向にあること、燃料はハイオク指定が多いからです。

スポーツカーのデザインの変遷と機能的な形

スポーツカーは車重に対して大型の排気量のエンジンを搭載しており、馬力が高く加速と最高速は一般車と比べられないほど力強さを持っております。
またエンジンのパワーを活用するためにタイヤは太くなっており、空力の抵抗を少なくする目的でボディは低く流線形のデザインを施してあるのです。
空気抵抗はスピードを出すほどに強くなってゆきますので、ボディのデザインは見た目だけではなく空気抵抗も考えて作らなければなりません。
スポーツカーの形は時代と共に変遷を繰り返してきました。50年代などは直線的で装飾的でしたが、60年代には優雅になり70年代はレーシーに変化していったのです。
肩の流行はありますがより科学的なアプローチを取り入れてゆき、前述したように空気抵抗がなるべく少ない形を採用してゆきました。
市販車はさまざまな制約の中で製造されており、排ガスや安全基準をクリアして乗車者の安全を守り、社会のルールやモラルを守った形で販売されるのです。

カーシェアのおすすめサイトはこちら

カーシェア 福生